お手頃価格で対応できる!賃貸の鍵開け手順

修理費用で見た鍵開けの上手なサービス利用法

賃貸アパートやマンションに住んでいるなら対応が異なります

鍵と家の模型

鍵の交換や修理が必要になった時でも、賃貸物件の場合は勝手に行なうことができません。そこで、そんな時の対処法などを解説します。

大家さんや管理業者へ連絡する【最も手軽な対象法】

賃貸アパートやマンションなどの鍵を紛失した時は、まず大家さんや管理会社へ連絡をしましょう。そこで保管しているスペアキーを借りることができれば、新たに鍵を作ることができます。大家からスペアキーを借りることができない場合には、専門業者を呼んで鍵開けするようにしてください。

鍵屋さんからの一言メモ

警察への紛失届も忘れずに!(鍵屋)

鍵を紛失した時は、とりあえず開けば良いと思うのではなく、必ず警察へ遺失届を出しておきましょう。鍵交換をせずそのまま使い続けると、防犯面が心配になります。お客様の中にも試しに警察署へ届け出に行ったら、鍵が届いていたというケースもありました。そのため、落とした場所に心当たりがあれば、その近くの交番へ連絡をすることもおすすめします。

費用負担を無くすためには鍵のトラブルを防ぐことが最も大切

鍵の紛失など住まいのトラブルは、決して安くない費用が発生します。トラブル回避のためにも日頃から対策を行なうことが、費用をお得に済ませる最善策といえるでしょう。

スペアキーを作成しておく

住まいの鍵をなくしてしまっても、スペアキーがあればとりあえず扉をあけることはできます。もしスペアキーがない状態に陥っても、鍵開け業者の情報を知っておくと困った時すぐに連絡をとって解錠してもらえるので安心です。またスペアキーを作る時は誤差をできるだけ少なくするために、必ずマスターキーから作るようにしましょう。

紛失防止対策やグッズを活用する【お手頃価格で購入できる】

紛失を防ぐためによくとられている方法としては、鍵をチェーンなどでバッグにつけておくものです。他には大きめのキーホルダーや鈴をつけ、大きさや音で紛失に気付くようにする方がいます。また、普段から使う鍵は部屋の中で保管する場所を決め、いつもそこへ置くようにしましょう。また、手頃な価格で購入できる紛失防止グッズが多数販売されているので、複数の方法で対策をとっておくとより安心です。

TOPボタン
賃貸での鍵開け方法|被害が拡大する前に行なうのがお得!鍵開けの修理費節約法