鍵開け前に確認しておきたい鍵修理時に起きるトラブル

修理費用で見た鍵開けの上手なサービス利用法

鍵修理でよく見られるトラブルとは?

鍵

費用をお得に済ませようと修理だけの依頼をしても、結果的に鍵の交換をしないといけない場合があります。そんなトラブル事例をご紹介します。

トラブル事例

鍵が抜けなくなる
鍵が抜けないというトラブルは比較的多く見られます。その原因として、合鍵を使っていたことがありますが、マスターキーを複製して作るため微妙な誤差が生じていることが考えられるのです。他にも鍵が引っ掛かるのに強引にさして、鍵が抜けなくなることがあります。この場合、鍵穴に異物が入っていたり鍵穴の中の部品がずれていたりすることが原因と考えられます。
鍵が折れる
長年にわたって鍵を使っていると、いくら金属でできた丈夫な鍵穴でも経年劣化してしまいます。鍵の抜き差しですり減ったことも原因としてあげられるでしょう。また、鍵が折れたり回らなくなったりするトラブルは、10年ほど使っていると起こりやすくなるものです。鍵を回す時に違和感があったら、トラブルが起こる前兆として考えてよいでしょう。
鍵穴に不具合がある
鍵穴内部に異物がつまっているなど、いたずらによって鍵穴に不具合がある場合には、焦って取り除こうとしないようにしましょう。小さいほこり程度であれば掃除機で吸い取ることもできますが、素人が鍵穴を無理に触ってしまうと、さらなる故障の原因になる恐れがあります。ですので、すぐに鍵開け業者へ連絡し、交換や修理を依頼しましょう。

トラブルを未然に防ぐためにも定期的なメンテナンスが必要

住まいの鍵が一般的なシリンダー錠の場合、定期的なメンテナンスは難しいものではありません。その方法として、掃除機を鍵穴につけて左右に振り、ほこりを吸い出すことです。また、他にも古くなった歯ブラシなどを使い、鍵は優しく磨きましょう。特にディンプルキーの場合、くぼみにほこりや汚れがたまりやすいので、定期的なお手入れが欠かせません。それから鍵穴に潤滑油をさしておくこともポイントです。この時は、メーカー指定のものを選ぶようにしましょう。

TOPボタン
トラブルを防ぐ|被害が拡大する前に行なうのがお得!鍵開けの修理費節約法